成績アップは効果的復習から! ~おかあさんの勉強会1~

2013 年 6 月 6 日

 先週から今週にかけて、弊社の各校で「第1回おかあさんの勉強会」を実施しました。この催しは、家庭でお子さんをフォローしておられるおかあさんがたを元気づけ、受験生活の充実に向けて連携していこうという趣旨で始めたものです。対象者は、4・5年部「週3日コース」のおかあさんです。今回は、「成績アップは効果的復習から!」というテーマで実施しました。

 復習のやりかたについては、学習塾がお子さんに指導をしています。ですから、本来は保護者に働きかけるべきものではありません。しかし、小学生の受験勉強は本人任せにすると空回りに陥るおそれもあります。原則や望ましいやりかたについて、おかあさんがたにも一緒に考えていただき、サポートに役立てていただこうと思いました。

 また、授業後の復習や、テキストの単元のまとめ学習のありかたを見直すことは、テスト成績をあげるうえで最も即効性のある方法です。もしも次のテストで早速効果が現れれば、それが“成功体験”になり、お子さんに自信や意欲が湧いてくるのではないでしょうか。

 今回の勉強会の内容は、次のようなものです。なお、この勉強会では「算数」を例にあげて一緒に考えていただきました。

①マナビーテストに備えた「復習」の現状を振り返る ~算数~

 まずは、これまでに何回か実施されたマナビーテストの結果と、それに備えた学習(主にまとめの復習)がどのようであったかを振り返っていただきました。マナビーテストは、2週間を一括りにした単元テストです。2週間の努力の成果を、このテストで競い合う形式になっています。

 そのあと、グループ単位で最初のワークを始めました。お子さんの家庭での復習の状況を項目ごとに◎○△×のチェックを入れ、がんばっている点と不十分な点について、順に一人ずつお話しいただきました。聞いている人には感想やアドバイスをお願いしました。

 各家庭の様子を聞くと、お互いに問題点が明確になってきます。それを受け、「現在のわが子の課題は何か」を一人ひとり1枚の紙に大きく書き、順に発表しました。おしまいに、このワークを通して気づいたことを話し合いました。

②子どもは「復習」の現状をどう思っている?

 おかあさんがたに、家庭勉強(テストに備えた復習)について振り返っていただいたところで、今度は復習への取り組み状況について、子どもたちに実施したアンケートの結果をお伝えしました。

 アンケートは、全校舎の4・5年部で各1クラスずつ実施しました。「テストに備えた復習をしているか」「授業後の復習をしているか」などの質問をしたのですが、4・5年生ともにほとんどのお子さん(約9割)が「ちゃんとしている」もしくは「だいたいしている」と答えていました。

 「おかあさんは、アドバイスしてくれたり、ほめてくれたりするか」「今の成績に満足しているか」という質問においては、4年生と5年生とでは違った傾向が見られました。「アドバイス・ほめ言葉」が5年生になると少なくなるという結果、また、「成績への満足度」は5年生になると低くなるという結果が出たのですが、この点についての弊社の見解(実は、子どもの成長の証なんですね。現実をシビアに見るようになっているのです)をご説明しました。

③復習は学んで1カ月が絶好のチャンス!

 この項目では、「記憶はどうやってつくられるのか」をご説明し、復習がなぜ大切なのか、いつ復習するとよく記憶に残るのか、などについて一緒に勉強しました。人間の記憶は、大脳辺縁系の海馬と呼ばれる器官でつくられます。先日も、そのことについてブログに記事を書きましたが、記憶の仕組みについてある程度詳しく知っておくと、復習の重要性をお子さんにお話しされるときにも説得力が増すでしょう。そうした意図もあり、少し詳しく学びました。復習というと、授業後やテスト前に集中しがちですが、記憶は約1ヶ月間かけてつくられるという知見に基づくと、テスト後やテスト結果の返却後の復習が非常に大切であることがわかります。そのことについてもお話ししました。

④よい復習のしかたとはどのようなものか

 復習のしかたについては、授業を通じて指導担当者が子どもたちに指導しています。しかし、小学生の家庭勉強は、親のフォローなしにはなかなか定着しないし、よいやりかたがわからないまま成績不振に陥るおそれもあります。当日は、おかあさんがたにお子さんが現在使っておられる算数のノートをご持参いただき、学習の作業場としてのノートの重要性やよいノートの規準について一緒に考えてみました。

 特に重要なのは間違えた箇所です。それを消さずにチェックを入れ、その脇にやり直しをしていくことの大切さについてお話ししました。どう間違えたのか、どう改めたのかがそのまま記録に残っているノートがよいノートであり、後で見直しができることが復習においては効力を発揮します。

 授業中、予習でやったところが間違っていたとわかると、こっそり消して書き直すお子さんがいます。多くの場合、「間違えていたらおかあさんに怒られる」というのが理由のようです。そこで、「間違えたときが伸びるチャンスなんです」ということを、おかあさんがたに強調してお伝えしました。

⑤効果的な復習の作戦を親子で立てよう!

 ここまで一緒に勉強したことをもとに、最後はグループごとにワークに取り組んでいただきました。ワークのテーマは、「成績アップにつながる復習とは!?」です。復習についていろいろ学んだことを踏まえると、今のわが子の問題点や改めるべき点が見えてきた人もおられるでしょう。それを、順にお話しいただきました。そして、わが子にどういうアドバイスをしたらよいかをみなさんで話し合っていただきました。

 グループごとにどんなアドバイス案が出たか、発表をしていただきたかったのですが、時間がもうありません。そこで、「家に帰られてから、親子で復習大作戦を立ててください」という話をして終了となりました。

 以上が、「第1回おかあさんの勉強会」のおおよその流れです。全部の校舎で同じような流れになったかどうかはわかりませんが、おおよそは同じように進めたと思います。

 第2回目は、子どもの学習意欲がテーマとなっています。もし興味をおもちになったなら、参加してみてはどうでしょうか。なお、既に2回目を終えた校舎、定員に達している校舎もあります。参加される場合、お電話でお確かめのうえお申し込みください。


カテゴリー: お知らせ, アドバイス, 勉強について, 勉強の仕方, 家庭での教育, 家庭学習研究社の特徴, 行事のお知らせ

おすすめの記事