私学教育のよさにふれてみませんか?

2014 年 10 月 30 日

 毎年11月には、冬期講座・次年度講座の会員募集の開始に合わせ、中学受験に絡めたイベントを開催しています。ここ2~3年は、広島の私立一貫校の校長先生をお招きし、「私学教育とはどのようなものか」について語っていただいています。中学受験を視野に入れておられるご家庭にとって、「なぜ私学進学か」について考える機会をもつことは、大変重要なことだと考えるからです。

 ただし、一度に多数の私学を同時にお招きすると、1校当たりの情報が少なく、総花的かつ画一的な内容に陥りがちです。そこで、1回の催しで2校に絞り、その2校のカップリングに明確な意図のある企画にすれば、催しとしてよりおもしろくなるのではないかと考えました。

 一昨年は広島学院と修道の校長先生をお招きしました。広島で永遠のライバルであり、私立学校としてのカラーが全く異なる両校の教育とはどのようなものかを対比しつつ、それぞれのよさを感じ取ってもらおうという内容にしました。 また、お互いをどのような学校と認識しておられるのかを尋ねてみる試みをしてみました(興味をおもちでしたら、このブログの過去の記事をお読みください)。

20141030 また、昨年は修道と広島女学院の校長先生をお招きしました。両校は広島で最も歴史のある私立男子校、女子校です。さらには、例年一番多くの受験生を集める人気校であり、明るく自由な校風という似通った特色をもっています。そういった立ち位置の共通性に着眼した組み合わせを試みてみました(こちらも過去の記事でかなり詳しくご報告しています)。

 今年は広島学院とノートルダム清心という組み合わせで、カトリック系私学の教育とはどのようなものかをメインテーマに掲げた内容にしました。催しのタイトルは、「広島学院と清心が身近になる!」(副題:最難関だけどフレンドリーなカトリック系私学)となっています。

 ご存知かと思いますが、広島学院とノートルダム清心はカトリックの教義に基づいて戦後まもなく設立された私立学校です。また、いずれも開校後すぐさま広島の私学最難関校としての地位を不動のものにしたという点で似通っています。

 カトリックの教義に基づく私立学校は全国に多数あります。そのなかでも進学校として長きにわたって優秀な卒業生を輩出している両校は、広島の受験生にとってあこがれの最難関ターゲット校です。しかしながら、そうした特色ゆえにカトリックの放つ重々しく厳粛な雰囲気と相まって、ややお堅いイメージをもたれがちであり、「敷居の高い私学」という印象を受ける人が多いようです。

 そこで、「実際はどうなのか」という視点から、両校の私学としての素顔が見られるような催しにしたいと考えています。当日は、広島学院から三好彰校長が、ノートルダム清心からは今﨑成志校長がお越しくださる予定です。実施日、会場は以下の通りです。

1.11月12日(水)10:30~12:00  会場:弊社呉校(呉市中通2丁目2-3)
2.11月13日(木)10:30~12:00  会場:弊社東広島校(東広島市西条朝日町13-3)
3.11月14日(金)10:30~12:00  会場:広島ガーデンパレス 2F孔雀:朱鷺の間(広島市東区光町1-15) 

 興味をもたれたかたのために、おおよその内容をお伝えしておきます。催しは2部構成となっており、第1部は広島学院とノートルダム清心の校長先生のお話がメインになっています。第2部は、両校への合格に向けて受験生の学習指導にあたる立場から、弊社の各校舎の責任者がお話しさせていただきます。

 第1部ですが、校長先生がたにはいくつかのテーマに基づき、自校の教育の特色や理念などを交代で語っていただきます。お二人の校長先生には、学校の代表者として「わが校はどんな学校か」をお話しいただこうと思っています。

 できるだけ打ち解けた雰囲気のもと、来場者に親しみをもっていただける内容にしたいと思っているものの、外せない重要なことに関してはそういった配慮抜きにしっかりとお話しいただくほうがよいと考えています。

 また、実際の学校の様子を知っていただくには映像をご覧いただくのがいちばんです。そこで、両校に取材に出向き、かなりたくさんの授業を撮影させていただきました。これを編集し、それぞれ5分程度ではありますが、一流の私立進学校の授業の実際にふれていただこうと思っています。広島学院、ノートルダム清心という私学をよくご存じないかたには、大いに参考にしていただけるでしょう。

 さらには、両校に現在通っておられる生徒さんが、自分の学校をどう見ているかも知りたいところですね。そこで両校の生徒さん各2クラス(広島学院が高1、清心が高2)にお願いし、アンケートを実施させていただきました。どんな内容をお聞きしたかについては、当日詳しくご紹介しますのでお楽しみに。ご来場になれないかたで興味をもたれたかたもおありでしょうか。そういうかたは、今年もイベント終了後にこのブログで様子をご紹介する予定ですので、それをお読みください。

 前述のように、広島学院とノートルダム清心は広島の私学きっての進学校です。卒業生はいったいどのような進路選択をしているのでしょうか。お子さんの中学受験を視野に入れておられる保護者には興味のある話題であり、既に詳しく調べておられるかたもおありかもしれません。

 両校の生徒さんの大学進学実績は“素晴らしい”の一言ですが、その実績が毎年180名あまりの卒業生によるものであることを知れば、よりその凄さがおわかりいただけるでしょう。両校は、最難関校だけに進学実績をアピールすることは控えておられます。ですから、進学実績についての解説は弊社が行い、後で校長先生方にコメントをお願いしようと思っています。

 第2部ですが、こちらは弊社の校舎責任者から、弊社会員家庭の広島学院、清心を志望する際の学習上の留意事項や、弊社からの進学状況などをお伝えする予定です。

 少しでも興味をおもちでしたら、ぜひ足を運んでみてください。参加にあたって予約や申し込みは不要で、無料の催しです。どうぞお気軽に。


カテゴリー: 行事のお知らせ

おすすめの記事