2017 年 11 月 13 日 のアーカイブ

模試最終回(12/3)が間近。さあ、総仕上げへ!

2017 年 11 月 13 日 月曜日

 11月も中旬を迎え、来年1月の中学入試に臨む受験生のみなさんは、受験対策の仕上げ学習に一生懸命取り組んでおられることと思います。

 毎年、弊社では受験を控えた6年生児童を対象とした公開模試を実施しています。早いもので、今年も全5回のうちすでに4回を終了しました。残るは、12月3日(日)に予定している最終回のみとなっています。

 模擬試験の最終回が他の4回と決定的に違うのは、試験会場が広島を代表する私学である修道(男子会場)と広島女学院(女子会場)となっていることです。この2校は、広島の男女私立6か年一貫校でそれぞれ最多の受験者数を集める人気校です。おそらく大半の受験生が受験を予定しておられるのではないかと思います。まさに本番と同じ場所で、それも受験の直前に本番の疑似体験をすることができる絶好のチャンスです。

 疑似体験の重要性については、どなたも認識されていると思います。特に小学生の場合、「試験の結果次第で入学できるかどうかが決まる」という、緊張の伴う試験を受けるのはおそらくこれまでの人生になかったことであろうと思います。一度疑似体験をしておけば、そこで首尾よく実力を発揮できても、失敗して悔しい思いをしても、本番で最高の結果を出すための格好の練習の場にすることができるでしょう。

 もしも成績がよければ、「よし、行けるぞ!」とますます士気が高まるでしょうし、「油断すまい」と、気分を引き締め、気分を引き締めて最終チェックに臨んでおけば、本番でも実力発揮が大いに期待できます。また、残念なデータが突き付けられれば、「何がいけなかったのか」「どこに落ち度があったのか」を振り返り、最後の仕上げでがんばれば、本番で同じ轍を踏まずに済むかもしれません。一度似たような体験をしておくことは、人生経験の少ない小学生にとってはほんとうに心強いことだと思います。本番への助走として大いに活用していただきたいと存じます。

 例年、12月に実施している「第5回模擬試験」は、男女ともに広島県西部地区受験生の7割前後が参加されています。まだお申し込みを受け付けていますので、まだ手続きをされていないかたは是非お申し込みください。これからお申込になりたいかたは、本ホームページの案内をご覧のうえ、所定の手続きをしてください。

 なお、年が明けるとすぐに入試がやってきます。模擬試験のデータをもとに最後の詰めを上手にしていく必要があります。模試のデータを点検すれば、入試までの期間の対策の方向性もはっきりとしてきます。ここから約1ヶ月の期間が勝負です。受験生のみなさんには、悔いの残らぬ仕上げ学習をやり遂げるようがんばっていただきたいと存じます。

 さて、弊社の6年部では入試を間近に控えた時期に、「保護者説明会」の最終回(第4回)を実施しています。12月に入ると、「受験校の最終決定」「受験手続の確認」「入試までの指導スケジュール」「入試直前の心得」「仕上げ学習のありかた」など、重要な伝達事項がたくさんあります。これらをまとめてお伝えし、どのご家庭にも入試本番までの仕上げ学習をしっかりとやり遂げていただくための催しです。

 ぜひ、万障を繰り合わせての参加をお待ちしています。以下は開催日程です。念のため、ご確認ください。


カテゴリー: 中学受験, 行事のお知らせ