2012 年 6 月 のアーカイブ

私学紹介イベントを実施しました ~その1~

2012 年 6 月 25 日 月曜日

 6月17日(日)、西区民文化センターホールで、広島の主要な私学を紹介するイベント、「私学がきみを呼んでいる」を実施しました。早いもので、今年で12回目を迎え、6年部会員家庭親子を対象とした催しとしてすっかり定着しました。

 6月というと、いくら来年入試を控えた6年生といえども、まだ本気で入試勉強に取り組むまでには至っていません。むしろ、中だるみになりやすい時期であり、親がイライラすることがよくあります。そこで、広島を代表する私学7校の協力を得て、受験生のモチベーションを高めるべく実施することになったのが本催しです。

 会場の収容力が約550名であること、また、男子校と女子校とが一緒では効率性を欠くことから、男子と女子を午前と午後に分けて実施しています。

 参加校は、男子が広島学院、修道、広島城北、広島なぎさ、女子が清心、広島女学院、安田女子、広島なぎさで、この10年間変わりません。

 前述のように受験生のモチベーションアップを主眼とする行事なので、学校の理念や建学の精神など、子どもにとってわかりづらく堅い内容は割愛しました。したがって、出し物はクイズあり、制服ファッションショーあり、アトラクションありと、お子さんの興味・関心を惹きやすい楽しいものを中心にしています。

 この方針に的を絞ってからかなり年数が経ちますが、はじめはどうしても保護者がいると先生がたはお子さんよりも親御さんを意識して話される傾向がありました。しかしながら、段々と趣旨も徹底するようになり、子どもにもわかる話を明確かつ手短にしてくださるようになりました。これは、出演くださるのが若い先生、広報担当の先生中心になったことも影響していると思います。

 そのせいでしょうか。約2時間に渡る行事ながら、多くの保護者が「あっという間に終わった」「内容が充実していた」「やる気が出てきた」「もう少し時間をかけてもよい」など、好意的に行事を受け止めてくださっています。また、子どもたちも退屈せずに楽しんでくれる行事になったように思います。

 さて、内容を簡単にご説明しましょう。第1部(前半)は「これであなたも私学博士!?」と題し、映像による学校紹介と、私学に関するクイズコーナーで楽しんでもらいました。

 映像による学校紹介では、私学各校の学校生活の様子、授業、クラブ活動、生徒、先生、施設、環境などを紹介しました。ただ映像を見るのではなく、私学の中3生(弊社卒業生)にナレーションをしてもらいます。ナレーションが巧みな先輩の様子を見ることも、子どもたちには「あんな先輩になりたい」というあこがれの気持ちを引き出しますし、保護者には「中3ぐらいになると、あんなふうに成長していくのだ」という期待の気持ちが湧いてきます。

 映像の時間は各校5~6分。「もっと長く」という要望もありますが、4校ありますので、子どもたちの集中が継続できる時間として、このぐらいが適当であろうと判断しました。中学生のみなさんは、今年も全員がハキハキとした立派なナレーションをしてくださり、子どもたちの私学への興味を十分に惹き出すことができたと思います。このコーナーの主役は、映像よりも、ナレーションの生徒さんかも知れません。そう思わせるぐらい、どの生徒さんも堂々と自校のよさをアピールしてくださいました。ありがとうございました。

 映像による学校紹介の後は、私学に関するクイズ。子どもたちの食いつきをよくするため、「参加型」の体裁を採っており、1問ずつ選択肢から答えを選んで手を挙げてもらいました。おとうさんおかあさんにも声をかけ、一緒に手を挙げていただきました。

 クイズの意図は、「学校に興味と親しみをもってもらうこと」を優先し、くだけた内容も盛り込みました。たとえば、「修道の校長先生の趣味は何?」とか、「この私学の昔の制服はどれ?」「OBが監督をした映画作品はどれ?」などというもので、学校の特色とは必ずしも関連していません。しかしながら、大半の親子が選んだ選択肢が答えでなかったときなどには「おー!」と驚きの声があがるなど、何度も盛り上がるシーンがありました。

 各校にまつわるクイズが一通り終わると、先生がたにクイズの問題と正解に関する解説をお願いしました。先生がたはユーモアに満ちた説明を簡潔にしてくださり、子どもたちも飽きることなく楽しめるコーナーになったと思います。

 前半の出し物はこれで終了ですが、休憩に入る前の約15分間、アトラクションを楽しんでもらいました。このコーナーでは、毎年私学各校のいずれかからクラブ活動の成果を披露してもらっています。 

 午前の男子の部では、なぎさの音楽部から総勢60名余りで出演くださいました。「オペラ座の怪人」と「情熱大陸」を演奏いただきましたが、圧倒的なスケール感と卓越した技量で、来場者を魅了する素晴らしい演奏を披露してくださいました。人数が人数ですから準備も大変だったのですが、日頃からきびきびと連携して練習されているのでしょう。流れるように準備を整え、間髪を入れる間もなく始まった本番においても、堂々たる演奏ぶりでした。終了後のアンケートには、このアトラクションに対する賞賛の言葉が多数ありました。

 午後の広島女学院の新体操部の演技も大変好評でした。音楽に合わせ、様々にチームと小道具を取り替えての演技ですが、呼吸のピッタリ合った繊細でダイナミックな動きは、女子受験生を釘付けにしていました。これを見て、「女学院に進学して、新体操をしたい!」と思った受験生がたくさんいたことでしょう。

 ※イベントの後半の出し物は、次回ご紹介します。

LINEで送る
Facebook にシェア
Pocket

カテゴリー: 行事レポート

大切なことを自分で決められる子どもに

2012 年 6 月 18 日 月曜日

 レストランで食事をするとき、数あるメニューのなかからどれを選ぶか、悩ましい思いをしたことはありませんか? おそらく、どなたにもあると思います。

 このように、迷ったときにどれを選択するかにあたっては、過去の経験で得た知識をもとに判断を下す脳部位があると言われています。脳卒中を患った人の事例からわかったことで、そうなると単純な判断すらできなくなり、あれかこれかという二者択一の選択まで不能になると言います。

 これはある学者の書物に書かれていたことです。何人かでレストランに行ったとき、一人だけオーダーが決められずにモタモタする人がいました。その人はトップランクの国立大学の大学院生でした。そのときだけならまだしも、その人は万事につけてそうした傾向があり、ものごとを自己決定するのにまごつく人物だったそうです。

 同じ学者の書物にあった話をもう一つ。とても優秀な成績をあげているのに、大事なことをなかなか自分で決められない学生がいました。卒論を仕上げるのにも、その先生のサポートがだいぶ必要になったそうですが、ただ仕上げに苦労するのではなく、卒論のテーマ選びから難渋したと言います。

 その学生は、与えられたことをすることはできても、自己決定を要求される案件では、自分の判断で決められないタイプの人間だったようです。「おそらく、大学へ進学するまでの人生において、重要なことを自分で決める経験がなかったのではないか」と、その先生は述べておられました。

 自分で目標を掲げ、その達成に向けて自ら戦略を練って学んでいく姿勢は、人生を充実させるうえで不可欠のものです。しかしながら、近年は優秀とされる人間にこうした自己決定の力が欠落しているケースが増えているそうです。どの中学・高校を受験するか、どの大学に進学し何を学ぶか。そういう人生の歩みに関わる重要な選択を他者に依存してきたため、自分でものごとを判断し決める力を養わないまま大人になってしまったのでしょう。

 今の例に関連する要素に、段取り力というのがあります。いろいろやらねばならない事柄があるとき、重要度や危急なことかどうかを基準に判断し、優先順位の高いものからやりこなしていく能力です。この段取り力も、自己決定の能力に負けず劣らず、実社会を生き抜いていくのに重要な役割を果たします。これらは、一般に「人間力」と言われます。

 こうした能力は、遺伝とは無関係で、育った環境や経験によって決まります。いろいろな要素を頭に置き、何を選ぶべきか、何から手をつけるべきかを判断する。そうした能力を磨いていくような体験が、子どもが成長していくプロセスで必要なのですね。

 実際、できる子、真に優秀な子は、この段取り力に長けています。そうした力があるからこそ、学力を合理的に適正にレベルアップさせていくことができるのです。中学受験を突破するだけでなく、その後も素晴らしい勢いで伸びていくのは、大概この段取り力を自らに備えていた子どもです。もともと遺伝的に備わった能力ではありません。自己決定力や、段取り力をうまく伸ばしていくような子育てを、おとうさんおかあさんがしておられたのでしょう。

 冒頭の大学院生のような人間が増えているのは、子ども時代に伸ばしておくべき能力を大人が肩代わりしてしまったからではないでしょうか。中学受験は、絶好の自己習練の場になるというのに、大人が余計な手出しをして伸びる芽を摘み取ってしまったのです。

 今、弊社の各校で「おかあさんの勉強会」という行事を行っていますが、昨年の会において、この段取り力を最もシンプルな形でわが子に授けているおかあさんがおられたことを思い出します。「勉強と遊びと、どっちを先にしたら、気持ちいい?」――ただ、それだけなのですが、優先順位や自己決定の判断を子どもから引き出す名案だと思いました。

 このように、何から手をつけるべきか、何が重要かの判断を子ども自身にさせ、自己決定をしてものごとをやり遂げることの気持ちよさを味わわせる。それが子育てには必要なことだと思います。そして、子どもの判断を見守り、評価してやるのです。

 親にとっては、かなりの負担かも知れません。塾での成績本位に考えると、どれをいつ勉強するかを子どもの判断に任せたり、子どもに決定させたりするのは無駄が多く、イライラを募らせることになるでしょう。しかしながら、子どもの真の成長というものは、もどかしい試行錯誤あってこそ引き出せるものです。

 毎日の小さな決めごとから出発し、子どもに自分で判断し決定するチャンスを与えてやりましょう。そこから、人生において最も重要な能力の芽が確実に伸びていくことでしょう。

LINEで送る
Facebook にシェア
Pocket

カテゴリー: 子どもの自立, 子育てについて, 家庭での教育

「わからない」と「わかる」の境目は?

2012 年 6 月 11 日 月曜日

 勉強というものは、したらした分だけ成果があがるかというと、そうはいかないのが現実です。うまく成果が引き出せない場合、「勉強が足りなかったのではないか」「勉強法が間違っていたのではないか」「どこがわかっていなかったのか」「問題が難し過ぎたのか」など、いろいろ振り返り、問題点を見つけては、足りない点を埋め合わせていくことになります。

 成績不振が続く子どもの面談をする場合、そうした問題点の在処を探り当てるべく、様々な角度からそれまでの取り組みを振り返ってもらうようにしています。無論、日頃授業を担当している子どもの場合、性格もある程度わかっていますし、授業の様子、勉強に取り組む姿勢もわかっており、問題点をあらかじめ掌握していることも多々あります。

 しかしながら、ときには面談をしても打つ手が見つからないことがあります。たとえば、子ども自身どこがどうわからないかすらもわかっておらず、自分の状態を説明できないようなときです。こうなると、指導担当者も「その子は全然わかっていない」ということしかわからず、アドバイスのしようもなくなるわけです。

 学習で成果をあげるには、学習者にメタ認知的な視点(どこまでがわかっており、どこからがわかっていないかなど、自分の認知の状態を客観的に掌握しようとする視点)が不可欠であり、子どもたちには、現状を振り返ってもらいながら問題点を一緒に探っていくわけですが、それができないような場合には、対処の方法が見出しにくくなってしまいます。

 ある本を読んでいたら、これに似たような話が載っていました。ちょっと紹介してみましょう。

 私が教えていた中学生の女の子は、希望する高校には入れそうもないということで、最初の頃は、何が分からないのか、どんな科目が苦手なのかを聞いても、「うーん」とか、「分からへん」とか言うだけで、返事らしい返事もできなかったんです。ところが、三カ月くらい経ったときの期末テストで、テストの結果を悔やむようなことを言い出したのです。彼女のお母さんは心配していたのですが、私は、彼女が何を分かっていなかったのかが分かり始めたのだと直感しました。その一年後、その子は奇跡的に希望高校に受かったのです。「分かる」ということは、「分からない」ことを分類するとか、自分にあった方法、自分がどうやっていけばよいのかという道筋を本人が見つけるとか、ということにもつながるのかと思って・・・・・・(以後省略)。

 これは、ある人物が家庭教師をしたときの話だそうです。ここで紹介されている生徒さんは、自覚的に勉強に取り組み始めたことが学力形成の好循環を引き出すための契機になったのでしょう。ある程度取り組んだからこそ、テストがただ漠然と「わからなかった」のではなく、「できそうだった問題があったのに、うまく答えを導き出せなかった」というところに漕ぎつけることができたのです。

 学者によると、「わかる」は「分かる」であり、「分かつ」に通じるものです。ボンヤリした学習の対象を、構成要素ごとにバラバラにし、そこから改めて全体として頭の中で組み立てて理解するのが「わかる」ということです。

 小学生の場合、自分がどの程度わかっているのか、どこがどうわからないのかということを客観的に掌握する力が十分に育っていません。また、勉強をしていく手順もわかっていないケースも多々あります。学業面で壁に突き当たったり、成績に悩んだりしておられるお子さんの場合、ただ「がんばれ!」と叱咤激励するのではなく、今の取り組みの様子を掌握し、やりかたがわかっているかどうかを確かめ、一定の期間励ましながら取り組みをサポートしてやることも必要でしょう。

 弊社のテキストの場合、単元のはじめにある「学習の要点」をしっかり理解できることが重要な第一歩です。授業では、必ずこの「学習の要点」をみんなで考えていきます。そこがわかったところで、練習問題に進みます。

 成績が振るわないと、「家庭教師を雇うか、親が面倒を見たほうがよいのではないか」と思われるかも知れませんが、お子さんがわかっているところとわからないでいるところを識別し、自覚的に学ぶ姿勢を備えないことには学力(将来的視点に立った学力)というものは伸びません。

 お子さんの学習状況が思わしくない場合、まずはここで述べたような視点からお子さんを見守ってみてください。どう対処してよいかわからない場合は、少しでも早く校舎にご連絡いただき、指導担当者にご相談ください。

 なお、先ほど引用したエピソードは、中公新書1887「遺伝子・脳・言語 サイエンスカフェの愉しみ」という本に掲載されていたものです。この本は、わが国の遺伝子研究と脳研究の最先端にいる学者の話が楽しく紹介されており、おとうさんにお勧めしたい本です。お子さんに「勉強の奥深さや面白さを伝えてやりたい」とお考えのかたがたに、よいヒントを与えてくれると思います。

LINEで送る
Facebook にシェア
Pocket

カテゴリー: 勉強について, 勉強の仕方, 家庭での教育

自立した家庭勉強ができない理由

2012 年 6 月 4 日 月曜日

 前回は、「おかあさんの勉強会」という催し(4・5年部「週3日コース」の会員家庭が対象)が始まったことをお伝えしました。筆者はこの催しの企画担当者でもあり、日程で都合のついた2つの校舎の勉強会に同席させてもらいました。今回は、そこで感じたことを書いてみようと思います。

 勉強会の第1回目のテーマは、「家庭勉強の自立を応援しよう!」です。子どもの自立した受験勉強の達成は、弊社の中学受験指導の根幹をなすものです。しかし、小学生が自立した勉強ができるまでには、精神面での成長が一定レベルに到達する必要があります。ですから、「受験生活を自立勉強で乗り切ろう」というよりは、「受験生活を通して子どもたちが勉強の価値や重要性に気づき、少しずつ自立した勉強ができるレベルへと近づけよう」と言うほうが正しいかも知れません。

 実際、参加されたおかあさんがたから「家庭勉強がなかなか自立できない理由」をお聞きすると、小学校の4・5年生の内面が大人の期待するほどには成熟しておらず、それゆえおかあさんがたはイライラ・やきもきしながら一生懸命にフォローしておられるようでした。

 以下に挙げるのは、おかあさんがたから「家庭勉強がうまく行かない理由」をご報告いただいた内容を簡単にまとめたものです。

★まだやるべきことの優先順位がわかっていない。そこで、やらないといけないことが終わらぬまま寝てしまうことが多い。そこで、朝早めに起きてやることもある。
★4年生だから余り遅くまで起きていない方がよいと考え、勉強は9時半までに終わり、朝早めに起きてやり残した分をやらせている。

★習い事で時間にしわ寄せが来たり、読みたい漫画、見たいテレビ番組などに流されたりして、なかなか予定がはかどらない。
★遊びたい気持ちが強く、それを優先してしまう。遊びを無理にやめると気が散って集中できない。
★気が散って、集中力が発揮できないことが多い。

★4年生は、まだ勉強の自己管理ができない。親が家庭勉強の割り振りや実行に関わらざるを得ない。
★授業の復習は完璧を期するときりがないので、1回のみで終わらせている。時間管理をまだ自分でできないというのが現状だ。
★自分でできるかどうかは子どもの性格しだい。子どもの性格に応じて、必要なら親が勉強に関わるしかない。
★やらなければならない理由をまだ子どもがわかっていない。まだ遊びたいという気持ちのほうが強いようだ。

★学習計画は立てているが、計画倒れに終わっている。テストまでの授業や家庭勉強のサイクルをみて、いつまでに何をやっておくべきかを考えさせるようにしている。
★計画表はつくったが、ちゃんとできるかどうかの見通しを明確にしないまま、リズムがつくれない状態が続いている。
★学校の宿題が多くて、それを済ませるのに時間がかかり、予定通りに進まないことが多い。
★丁寧にやろうとする余り、全部やりきれない。よいことでもあるので、どう対処すべきか迷う。

 まだ受験生という意識がない、4・5年生の現実がよくわかる報告内容ですね。勉強の自己管理ができない子どもをフォローする、親の苦労が察せられる内容のお話が数多くありました。

 ときどきおとうさんが予告なく勉強に入ってきて、お子さんよりおとうさんのほうがヒートアップするといったご報告もありました。ほほえましい話ではありますが、お子さんお勉強の自立という観点ではマイナス要素になってしまいます。

 さて、これまでを振り返っての対策ですが、ぜひお子さんと「反省会」を行ってみることをお勧めします。4・5年生の子どもは日々成長しています。今までの成果も認めてやりながら、どこがいけなかったかを振り返らせてみてください。きっと、かなりお子さん自身でわかっておられることがあると思います。

 意識の振りかたとしては、2週間に1回のテストをサイクルとした学習の流れに着目させること。そうすれば、いつまでに何をしておくべきかがわかりやすくなります。このテストを軸に、学習のサイクルを見通しながら勉強を動かしていけるようになったなら、取り組みも変わっていきます。

 また、もう一つお願いしたいのは、様々な反省点を親子で話し合ったうえで、それをもとに「学習計画の改訂版」をつくることです。計画の作成者はお子さんで、おかあさんはアドバイザー。お子さんが、「これなら実行できる」という無理のない学習計画をつくってください。そして、それを実行に移す過程をしっかりと見守り、進歩した点をほめ、繰り返し励ましてあげてください。お子さんは、少しずつではあっても着実に変わっていくことでしょう。

LINEで送る
Facebook にシェア
Pocket

カテゴリー: 勉強の仕方, 家庭での教育, 行事のお知らせ