トップ >  2020中学受験指導部門 夏期入会ガイダンス

家庭学習研究社の中学受験対策は、「子どもの成長」を第一に考えます。その上で、いかに高い合格力を身に付けられるか。そこに、長年中学受験に携わってきた当社の経験がつまっています。夏期「入会ガイダンス」では、夏から始める中学受験対策について校舎長が映像でくわしくお伝えしていきます。ぜひご覧ください。

「入会ガイダンス」資料(PDF)をダウンロードしてご覧いただけます。
  入会ガイダンス印刷資料(PDF 9MB)

1.広島の中学入試状況・当社の入試実績

2.夏からの受験対策開始に向けて

3.夏から始める受験対策のガイドライン


◆呉地区にお住まいのかたへ
当社呉校への通学を希望される小学4~6年生の保護者を対象に、「中学受験ガイダンス」(無料個別相談)を実施します。
7/13(月)~7/18(土)※日祝休み 13:30~17:00のうち希望の30分間で、受験に関するご質問・ご相談にお答えします。まずは呉校にお電話(0823-25-6209)ください。


よくある質問
  • いつから塾に通えばいいの?
  • 当社では小学4年生からの3年間で中学受験対策を仕上げます。子どもの学習の習慣づけや学習意欲の向上、基礎・基本の徹底など、受験での好結果を引き出すために必要な諸条件を満たすため、3年間が必要であると考えたからです。ただし、5・6年部からは間に合わないという意味ではありません。学習習慣や基礎学習は、学習塾に通わなくてもできることです。そういう勉強の態勢を整える準備の流れも含めて、学習塾がお手伝いするにあたり、3年間という期間を定めたのだとご理解ください。
    また、低学年部門(小学1~3年)では、学習習慣や勉強の面白さに触れる体験を大切にし、「勉強が楽しい」という気持ちをもって、4年部に臨めるようにと指導にあたっています。
  • 県立広島への進学を希望しています。対策講座はありますか?
  • 公立一貫校を志望している会員生を対象に、6年生の後期からオプション講座「県立(適性検査)対策講座を実施しています。わずか半年しか対策講座がないのか?と不安に思われるかたもおられるでしょう。当社では、はじめから適性検査に的を絞った対策を行うのではなく、6年生の前期までに「確かな教科の基礎学力」を身につけ、そのベースを元に適性検査対策を行います。
    小学生期に身につけておきたい学力基盤は、志望する学校によって変わるものではありません。当社では子どもたちの中学進学後を見据えた基礎学力の定着を図れるようテキストを作成し、指導にあたっています。
  • 通いたいと思っていますが、家の近くに校舎がありません。
  • 当社には、通学して授業を受ける「週3日コース」の他に、平日に教室に通えないかたや遠方のかたのための、休日だけの通学コース「土曜コース」があります。土曜コースには、隔週土曜日のテスト日に通学する「土曜テスト日に通学するコース」とテストのない土曜日にも通学して授業を受ける「毎週土曜日に通学するコース」があります。
    ※どちらのコースも自宅でテキストや副教材に自分で取り組み、隔週土曜日に実施されるテストに挑みます。このテストは週3日コースの子どもたちと共通の問題です。
Page Top