トップ >    1・2・3年生対象「冬期集中講座」学習内容


★2年生の内容 ★        ※カリキュラムは一部変更する場合があります。

★1日目★

   算数「どれくらいの長さかな?」

身のまわりにあるものの長さを実感しながら、「長さ」についての量感覚を養う。

身のまわりにある色々な長さを測定し、長さの単位を使って表しながら、実体験を通じて普遍単位についての理解を深めていきます。また、実際に自分の「長さの量感覚」がどれほど養われているのか、皆で一緒にゲーム感覚で確かめながら、「紙の上」の学習だけでは得られない「感覚」を身につけていきます。

   国語「文はどこでわかれるの?」

読点の役割に気付き、適切に書く事ができるようになる。

あいまいな文に点を打ちながら、読点の”適切な位置”を学んでいきます。読点には、言葉のまとまりや意味のまとまりを明確にするという役割があります。点を打つ場所を考えることを通して、同じ文でも全く意味が異なる文になるおもしろさを体験しながら、読点を適切に用いることができるように導いていきます。

★2日目★

   算数「筆算のしくみを考えよう!」

既習の筆算のたし算・ひき算の理解を深める。

これまでに学習した「たし算・ひき算の筆算」や「1000までの数」について見直し、理解を深めます。数のカードを操作したり、頭の中で数の大小を考えたりする作業を通じ、計算課題のみに偏重することのない「奥深い数感覚」を養います。

   国語「だれが・どうした?」

文の基本をおさえ、主語・述語の対応に対する感覚を養う。

主語と述語を適切につないで、正しい文を作ります。文は様々な言葉の組み合わせでできており、一つ一つの言葉の正しいつながりが、意味の通じる適切な文を形作ります。主語・述語の対応は、その基本です。基本をしっかりとおさえておくことは、今後長い文を書く上でも非常に重要です。

★3日目★

   算数「きれいな形を作ろう!」

ブロック操作を通じ点対称図形に触れることで、豊かな図形感覚を養う。

一定のルールを用いてパターンブロックを敷き詰め、「きれいな形(点対称図形)」を作る課題に取り組みます。ブロック操作の過程では、無意識のうちに頭の中で図形を動かしたり、回転させたりすることにつながり、図形に対しての反応力やひらめきを養うことができます。

   国語「空想作文」

もとになるお話から更なるイメージを広げ、それを表現することができるようになる。

未完成のお話の空白部分を自由に想像し、想像したものを書いていきます。お話を頭の中で自由に思い描くことで楽しみながら想像力を養うと同時に、文の繋がりやお話の展開、流れを形作ったり読み取ったりする力の養成を図ります。

123年生冬期集中講座申込み方法はこちら
1年生の学習内容はこちら2年生の学習内容はこちら
Page Top