ジュニア3年部の授業参観を実施しました

罫線

2014年 6月 27日 金曜日 くもり

 先週をもちまして、授業参観を終了しました。お忙しい中お越しいただきました保護者の皆様に心より感謝申し上げます。先週は、ジュニアスクール3年部の授業参観にいってきましたので、国語の授業の様子をご紹介します。

 今回国語の授業では、「部首」の前段階として、漢字を分解していくことで「漢字の組み立て」について理解を深めました。
 まず、ナビゲーターが「校」「休」「読」の三つの漢字カードを黒板に貼り、子ども達に読み方を尋ねました。すぐに「こう!」「きゅう!」「どく!」と元気な声が返ってきます。ナビゲーターが、ただ答えるのではなく、「小学校の“こう”」など、分かり易く説明するよう伝えると、「大休憩、小休憩の“きゅう”」「読書の“どく”」など、それぞれ丁寧に説明を加えて発表できました。小さなことですが、せっかく漢字の勉強をするので、読み方とともに熟語も一緒に考えていくと、理解が深まりますね(^^)

漢字分け方

一つひとつ読み方を確認した後、本題の漢字をどのように分解できるかを考えました。ナビゲーターが、はさみで三つの漢字を左右に切り分けると、「木」と「交」など、それぞれどんな漢字が組み合わさってできているのか、よく分かりました。続けて、他にどんな分け方があるのかを子ども達に発表してもらいました。初めは、なかなか意見が出てこず、「なんだっけ~、なんかあるけど~…」と悩んでいました。そこで、ナビゲーターが上下の分けられたイラストを黒板に貼り、「こんなふうに分けることができる漢字がないかな?」とヒントを出すと、「あ~!!あるある!」「宿!」「音!」と、分け方が分かると、漢字が次々に思い浮かんだとうです。他にも、左上と右下の組み合わせ、右上と左下、周りと中の組み合わせ、また分けられない漢字がありますが、実際にそれぞれにあてはまる漢字の例を挙げながら確認していきました。

漢字分け方5パターン

 次に、一人ひとりに漢字カードを配り、その漢字がどのように分けられるかを考えてもらいました。どんな漢字が配られるかと、どきどきして待っている子ども達。カードが配られると、勢いよく線を入れて区切っていきました。「できた!」と次々に声があがったので、一人ずつ前に出て、また説明してもらいました。「これは、○○という漢字です。これは、○○のグループです。」と、漢字を紹介し、分類していきました。きちんと言えたらお母さんの方を見て、得意気な顔をしている子もいました。

 最後に、自由に思いつく漢字を挙げ、プリントに分類していきました。出だしは好調でしたが、すでに黒板に紹介してある漢字も多いので、しばらくすると鉛筆が止まっている子がたくさんいました。私も後ろの席で一緒に挑戦しましたが、3年生までの漢字に限って考えるとなかなか思い浮かばず、同じく手が止まりました…。ナビゲーターが「黒板に出た漢字もとりあえず書いてもいいよ。そうしたら、他の似た漢字も思いつくかもしれませんよ。そのようが、脳がしっかり働いてくれますよ!!」と声をかけると、黒板の漢字を写し、「あ!」と別の漢字も思いついたようです。男の子の多いクラスなので、競争心も強く、一つでも多く漢字を挙げようと集中して時間いっぱい取り組めました。時間がきたので、それぞれ発表してもらい、発表が終わったところで、全員で黒板を眺め、「右と左の組み合わせが一番多い!」「左上と右下(たれ)のは少ないね」など気づきを確認し、授業をまとめました。

 三年生はこれまで、子ども達は約300程の漢字を習いました。これからもたくさん漢字を習っていきますが、ただひたすら漢字練習帳に書いて覚えていくということは、子ども達にとっても負担になります。今回のように、漢字の組み立てを意識することで、漢字の意味を考えやすくなり、漢字を覚えやすくなります。これから漢字を習う際に今日の学習を活かしていくと、漢字の学習がより楽しく身になる学習となるのではないでしょうか。

 

(makino)


トップに戻る