いよいよ入試本番です。悔いなき挑戦を!

1月 14th, 2023

 広島県内の中学入試シーズンはまもなく佳境に入ってきます。これから次々と有力中学校の入試が行われます。長い期間にわたる受験生活でしたが、ついに来るべきときがやってきました。これまで積み重ねてきた努力の総決算が志望校入試への挑戦です。お子さんが全力を出し切り、笑顔で入試を終えられますように!

 入試に臨むお子さんをおもちの保護者に申しあげます。受験生は何分にも人間として完成途上の小学生す。「これまで完璧にがんばってきた」という手応えを得ておられるご家庭は少ないかもしれません。家庭勉強の比重が高く、塾が受験対策を丸ごと引き受けるシステムを採らない家庭学習研究社での受験対策は、子どもの未熟さをどれだけ受け入れられるか、辛抱できるか、という葛藤の連続であり、親は子どもとの間合いを絶えず考えねばならない受験生活であったろうと思います。それは、親にとって大変負担になることです。「わが子は、ほんとうによくやっていた。もはや言うことはない」と、思っていらっしゃるおとうさんおかあさんが、どれだけいらっしゃるでしょうか。

 しかし、このような受験生活だからこそ得られるものの価値については、これまで幾度となくお伝えしてきたと思います。それは、弊社の会員家庭の子どもたちが、それぞれの努力に応じてすでに得ておられます。おとうさんおかあさんにおかれては、未熟な面の多い年齢の子どもがここまで受験生活を全うしてきたことを、まずは、大いにほめ称えてあげていただきたいと存じます。そして、「結果を恐れることはない。入試であなたが全力を出し切ることが、今親としていちばん望んでいることなんだよ」と、優しく熱く激励してあげてください。お子さんが重圧をはねのけ、胸を張って入試本番に臨めたなら、自ずとよい結果を引き寄せられることでしょう。

 ここに至るプロセスで、おとうさんおかあさんは大変なお骨折りをしてこられました。とりわけ、おかあさんには一言では言い表せないほどのご苦労がおありだったことでしょう。受験に向けた目標意識ややるべきことをやり遂げる強い意志が定まっていない子どもの様子は、見ているだけでももどかしくストレスになるものです。自覚もやる気も足りないわが子を叱咤激励したり、自信を失いかけているわが子を優しく励ましたり、遊びたい盛りの子どもがやりたいことを我慢して勉強している様子を不憫に思ったり…。それぞれの家庭ごとに小さなドラマが数限りなくあったことは想像に難くありません。

 入試に至るこれまでのプロセスで、おかあさんが投じてこられたエネルギーは、それこそ並大抵ではありませんでした。それはわが子を愛するが故のことであり、そのご苦労の一つひとつが美しくも尊いものです。そのことに鑑みるなら、お子さんが無事に入試の関門を突破された暁には、おかあさんこそ、いちばんにほめられ慰労されるべき存在かも知れません。しかしながら、大半のご家庭にとって受験生活の山場はこれからの2~3週間です。ここで悔いを残すことがないよう、万全の体制でわが子が入試に立ち向かえるよう、最後まで気を抜くことなくサポートをお願いいたします。お子さんのこれまでの取り組みや努力を信じて、最後まで応援してあげてください。

 

入試にあたって心に留めていただきたいこと ~保護者の方々へ~

①入試結果を恐れずに立ち向かう勇気をわが子に!
ここまでがんばってきたお子さんを、おおいにほめてあげてください。そして、結果を恐れずに入試に立ち向かう勇気を吹き込んであげてください。

②入試に関するネガティブな予想を子どもに伝えない!
親の心境は子どもに敏感に伝わります。まして、「~していたら」などの愚痴をもらすと、子どもの気持ちは揺らいでしまいます。今更のネガティブな発言は禁句にしましょう。

③これまでのルーティンを壊さないように!
 平常心で入試に臨めば、自ずともてる実力を発揮できます。毎日の生活におけるルーティンを崩さず、普段どおりの生活を維持して入試本番を迎えましょう。

④夜更かしの猛烈勉強は百害あって一利なし!
今になって夜中まで勉強に打ち込んでも、体力やメンタルの維持に逆効果をもたらすだけです。今までやってきたことのおさらいやピンポイントの対策に絞りましょう。

⑤受験期間の健康管理は、親としての最後の務め。
 ①~④のまとめになりますが、わが子が入試に全力発揮できるようコンディションを整えることこそ、中学受験生の親としての最後の務めです。あれこれ気にかかることもあるでしょうが、それを逐一伝えてもよいことはありません。心身のコンディションを最高の状態にもって行けるよう、しっかりとサポートしてあげてください。

 受験当日に熱を出したり、受験直前になって精神不安定になったりするお子さんもいます。親の目の届かないところで心が揺らぐできごとにわが子が遭遇することもあります。

 そんなとき、親、とりわけおかあさんの存在が、とても重要な意味をもってきます。泰然自若として揺るがず、「今できるベストを尽くしなさい」と、励ましてあげてください。この試練を乗り越えたとき、お子さんはまた一皮むけた人間へと成長されることでしょう。

全ての受験生が悔いの残らぬ受験を実現されますように!

LINEで送る
Share on Facebook
Pocket

Posted in ごあいさつ, アドバイス, 中学受験, 家庭学習研究社の理念

おすすめの記事