トップ >  受験生の部

受験生の部タイトル

受験生の部バックナンバーへ2018年作品一覧

No.1 『 僕の受験の戦い方 』広大附属中・県立広島中・修道中/Sくん 

 「自分に勝てなかった。」受験が終わって一か月が過ぎました。今年の冬季オリンピックは悪天候が続いて、多くのスノービード選手が転倒しましたが、インタビューを聞くと誰も天候のせいにしていませんでした。……(続きを読む→)

 
No.2 『「自分を信じること」の大切さ 』広大附属中・県立広島中・修道中/Tくん

「『後ろを見るな!前を見るな!今を見ろ!』人は、過去を振り返ると後悔したくなり、未来を考えると不安になる。だから今、この瞬間に全精力を傾けるのです」この言葉は、家で毎日見ている日めくりカレンダー……(続きを読む→)

No.3 『 夕焼けに染まった空 』 学院中・修道中・広島なぎさ中/Uくん

 一月二十二日、月曜日、午後一時。学校では昼休みが始まった。ぼくは校庭に出て、ドッジボールをしていた。五分後くらいだろうか。あと一時間で学院の結果が出る。そう思ったとたん、、いろんなことを思い出した。……(続きを読む→)

 

 私は、受験直前の冬休み中、一日に十四時間以上勉強していました。ですが、合格するために、ひたすら勉強したらいいわけではありません。これから、私がやっていた勉強法を三つ紹介します。……(続きを読む→)

No.5 『 「合格」へ駆けろ!! 』 学院中・修道中/Nくん 

 『合格』。受験生ならだれもが憧れ、目指すべき称号です。そんな『合格』を僕が第一志望の学院でつかんだ努力方法を六つ紹介します。一つ目、授業に集中し、先生の解説・話をしっかりと聴く。大事なところは……(続きを読む→)

 

 一月十八日午後四時。第一志望である安田女子中学校の合格発表の時間です。私は、妹と母とパソコンの前に座り込み、受験番号と誕生日を入力しました。画面に多数の文字が出てきました。騒がしかった部屋が一瞬静まりましたが、次の瞬間には大きな喜びにかわっていました。……(続きを読む→)

No.7 『 ぼくの中学受験ドラマ 』 修道中・近大附広島中東広島/Hくん

 ぼくは二年生のころ友達に誘われ、学院の文化祭へ行きました。「ここへ行きたい。」と思いました。次の年もオープンスクールや文化祭へ行くとその気持ちが強まり、四年部から家庭学習研究社に入ることになりました。……(続きを読む→)

No.8 『 今できることから 』 清心中・女学院中/Iさん

 「もっと時間がほしい」この言葉を何度言ったかわかりません。十二月に入り、受験が近づくにつれて、焦りを感じた私は何をすればよいのかわからなくなっていきました。しかし、与えられる時間はみんな同じ。私は、……(続きを読む→)

No.9 『 がんばった二年間 』 清心中・女学院中/Aさん 

 私が家庭学習研究社に通い始めたのは五年部の初めだった。そのころは、塾というものがとても新鮮で、もともと勉強が好きだった私は、塾が楽しかった。このまま勉強していけば大丈夫だと思っていた五年部後期。友達もいて塾は楽しいけれど、成績が落ちてきた。……(続きを読む→)

※寄せられた作品の中からいくつかをご紹介しています。
デジタルゲットTOPへ
  • ブログのページへ
  • つれづれ日記のページへ
  • 音読教室のページへ
  • デジタルGETのページへ
Page Top