トップ >  中学受験指導部門 > 4年部の学習指導

4年部の学習教材

4年部のカリキュラム

4年部のスクーリング案内

4年部の学習指導について

 家庭学習研究社では、4年部から受験指導を開始します。子どもたちが無理のない学習で入試を突破するには3年間の受験対策が望ましいと考えるからです。受験勉強のスタート地点である4年部では、算数と国語の2科目に絞り、まずはこれらの学習を通じてこの先の受験勉強に対する態勢を整えることからはじめます。

4年部の指導科目・指導担当者

【指導科目】算数・国語
      ※夏期講座・冬期講座のみ算数・国語・理科・社会の4科目。
      ※希望者対象オプション講座「たのしい理科・社会」があります。


【指導担当者】教科専任(算数・国語各1名、計2名が指導を担当)

4年部の講座概要

講座名 時期  
前期講座 3月上旬~7月中旬 ・算数と国語の基礎学力養成指導を開始。
・算数…4年生の教科書範囲を一から学んでいく。少しずつ先取りをし、学校よりやや速いペースで学習する。
・国語…独自のカリキュラムで基礎学力を育成。言語事項と基礎文法を主に学習する。
・理科・社会…正規講座では指導しない。ただし、オプション講座「たのしい理科・社会」を実施(テストがない週の土曜日。希望者対象)。
夏期講座 7月下旬~8月下旬 ・算数と国語の基礎学力養成指導を前期に引き続き進めていく。国語は文章の読み取りの基本を学習。
・理科と社会の学習指導も実施。基礎的内容のうち、4年生にふさわしい事項を学習する。
夏期集中特訓 ・演習型指導によって、前期講座~夏期講座で学習した内容の定着と深化を図る(算数・国語)。
後期講座Ⅰ 8月下旬~12月下旬 ・算数…4年生の範囲を引き続き学習する。一部5年生の教科書範囲も学習。
国語…「物語」「説明文」の読み取りの基本を学習。問題演習ではなく、読みの手だての習得が中心。
・理科・社会…正規講座では指導しない。ただし、オプション講座「たのしい理科・社会」を実施(テストがない週の土曜日。希望者対象)。
冬期講座 12月下旬~1月初旬 ・後期講座Ⅰに引き続き、算数と国語の基礎学力養成指導を勧める。
・夏期講座と同様、理科・社会の学習指導も実施。基礎内容のうち、4年生にふさわしい事項を学習する。
後期講座Ⅱ 1月上旬~2月上旬 ・算数…冬期講座に引き続き、基礎学力養成指導を進めていく。一部5年生の教科書範囲も学習。
・国語…後期講座Ⅰ~冬期講座に引き続き、文章の読み取りの基本を学んでいく。
・理科・社会…オプション講座「たのしい理科・社会」を実施。

4年部のオプション講座

【たのしい理科・社会】

対象 4年部会員生
受講場所 申込者が通学している校舎
指導内容 5年部から始まる理科・社会の受験対策学習に備えて、子どもたちに理科や社会科の楽しさや興味深さを体験させる学習の場にします。また、当日の学習内容について簡単な文章で答える練習も行います。近年の入試問題や県立広島中学校や市立広島中等教育学校の適性検査に多くみられる記述式の問題への対応力を高める第一歩になるでしょう。
通学日 4年部前後期期間中のテストのない土曜日
時間 9:30~11:10
※三篠校には午後部(13:30~15:10)もあります。

4年部の学習指導のポイント

  • 初めて塾に通います。塾での学習についていけるか不安です。
  • 4年部開始当初は、受験勉強を進めていくための条件(学習習慣や計画性、実行力など)を整えるところから始めていきます。受験対策は長期にわたるため、受け身ではもちません。自ら進んで学んでいく姿勢を築くため、勉強から得られる達成感を味わう体験が重要です。また、授業をしっかりと聞き、得られた情報を活かしていく態度も備える必要があるでしょう。
     4年部の開講からしばらくの期間は、学習塾に通いながらの勉強を円滑に進めていくための態勢をつくることに力を注ぎます。そして、授業においては、学ぶことの楽しさや醍醐味を子どもたちがたくさん味わえるような学習指導の実践に努めていきます。

  • 4年部での算数の指導のポイントは?
  • 4年部の算数においては、4年生の教科書内容の学習をやや先取りしながら、受験生としての基礎学力の定着を最優先し、一部5年生の内容も扱います。
  • 4年部での国語の指導のポイントは?
  • 国語は単元で括ることが難しく、また、他の科目のように教科書の範囲に沿って学習を進行させるのが難しい科目です。当社ではこのような事情を受け、入試までの3年間にどのような学習によって、どのような学力育成をはかるかを、独自の考えによって組み立てています。
     具体的には、夏休みまでの期間には、基礎的文法事項や言語知識増強のための学習を中心に、そして夏休み以降には基礎的な文章読解力育成のための指導を行っていきます。

  • 4年部では、理科・社会の指導はないの?
  • 4年部では、子どもの成長度や学習にかかる負担を考慮し、指導科目は算数と国語の2教科としています。しかしながら、広島県内のほとんどの中学校入試では、理科や社会も出題されています。そこで当社では、理科と社会の学習を次のような形で実施しています。
    ★夏期・冬期の講座において指導する
    ★隔週土曜日(テストのない日)に、希望者を対象にしたオプション講座「たのしい理科・社会」を実施する

4年部の学習教材

4年部のカリキュラム

4年部のスクーリング案内

Page Top