トップ >  中学受験指導部門 > 6年部のスクーリング案内

6年部の学習教材

6年部のカリキュラム

6年部の学習指導について

指導科目

算数・国語・理科・社会(各教科1名、計4名が指導を担当)

コース・校舎・通学曜日・時間

 ①週3日コース

 平日2日と土曜日に通学するコースです。6年部からは男子校・女子校対策が始まるため、基本的に男女別のクラス編成となります(一部校舎を除く)。

コース・校舎 通学曜日・時間
週3日コース三篠校・五日市校・
東広島校
月・水曜日    午後5:50~8:20
土曜日(授業週) 午後1:30~4:00
土曜日(テスト週)午後1:30~4:20
己斐校・広島校・
呉校
火・木曜日    午後5:50~8:20
土曜日(授業週) 午後1:30~4:00
土曜日(テスト週)午後1:30~4:20

※テストの週の土曜日の終了時刻が、授業週の土曜日より少し遅くなっています。
※1月期は、金曜日も指導日となります。

 ②土曜コース(三篠校のみ)

 カリキュラムに沿った家庭学習によって受験対策を行うコースです。6年部は三篠校のみに設置しています。また、隔週土曜通学(テスト日)のS1コースと毎週土曜通学のS2コースのいずれかを選択できます。

コース・校舎 通学曜日・時間
土曜コース 三篠校 S1 隔週土曜日(テストのある日)
  午後1:30~5:35
S2 テストのない土曜日(ステップアップ講座)
  午後1:30~4:45
テストのある土曜日
  午後1:30~5:35

※毎週土曜通学(S2)コースは、テストのない土曜日(午前)に「ステップアップ講座」があります。

  • 土曜コースの特色は?
  • 平日に当社の教室に通えない子どもたちのための、休日だけの通学コースです。家庭学習が円滑に進められるよう、いつ、どれだけ学習したらよいか、一目でわかるように編集されたテキストや副教材が用意されています。また、保護者の方のフォローがしやすいよう、テキストや副教材には、全て「正解」を添付し、電話による相談にも応じます。
    隔週土曜日のテストは、週3日コースの子どもたちと共通の問題です。テストの終了後には、その日に出題した内容について授業を実施し、理解の定着をはかります。

  • 土曜S2コースの「ステップアップ講座」とは?
  • 授業写真S2コース(毎週土曜通学コース)の人は、テストのない土曜日に「ステップアップ講座」があります。算数と国語の学力を強化するための講座で、テキストの必須事項がしっかりと理解できるよう指導します。
     また、テキストの学習の進めかた、ノートのとりかたなど、基本的な学習技能も指導し、家庭での学習をサポートします。S1コース(土曜テストコース)からS2コースへの変更も可能です。

中学入試模擬試験(公開模擬試験)について

 7月から入試直前の12月まで計5回「中学入試模擬試験」を実施し、学力の点検や補強に役立つ様々なデータを提供します。この模擬試験には、毎年他塾からまとまった参加があり、広島県内で最大規模の模擬試験となっています。最終回は広島の有名私学を会場にして実施しますので、本番の疑似体験としても大変有効です。

オプション講座の校舎・通学日・時間

【県立(適性検査)対策講座】 県立・市立の適性検査対策!
対象 6年部会員生
受講場所 ・東広島校の通学生は、東広島校
・その他の校舎の通学生は、広島校
指導内容 ・適性検査Ⅰ・Ⅱの対策(問題演習・添削と解説授業・模擬問題演習)
・志望理由書の書き方
通学日 6年部後期期間中(8月下旬~翌1月下旬)の授業のある土曜日と平日に複数回行う。
時間 ・土曜日の場合は、午前中実施。
・その他の曜日は、各日ごとに時間を設定する。
【基礎力強化特訓】 基礎の定着を図り、応用学習に向けた基盤づくり。
対象 週3日コースの6年部会員生
受講場所 週3日コースの申込者が通学している校舎
指導教科 算数・国語・理科・社会の内、一日3科目指導(全10回)
(算数・国語各7回、理科・社会各8回) 
通学日 6年部前期期間中の金曜日(5月~7月)
時間 17:50~21:05
内容 「受験生としての基礎内容」の中で、特に重要な事項や苦手とする児童が多い単元を重点的に取り上げて学習します。
【重点強化特訓】 過去の入試問題で頻出単元を重点的に演習!
対象 週3日コースの6年部会員生
受講場所 週3日コースの申込者が通学している校舎
指導教科 算数・国語・理科・社会の内、一日2科目指導(全10回)
(全教科各5回) 
通学日 6年部後期期間中の金曜日(9月下旬~12月)
時間 17:50~21:00(90分×2コマ)
内容 各自の志望校の入試問題をはじめ、代表的な入試問題への取り組みを通じて、入試への実戦的な対応力を磨いていきます。

6年部の学習教材

6年部のカリキュラム

6年部の学習指導について

Page Top