トップ >  中学受験指導部門 > 6年部の学習指導

6年部の学習教材

6年部のカリキュラム

6年部のスクーリング案内

6年部の学習指導について

 6年部の5月から「応用力養成期」に入ります。ただし、この段階では入試問題にはまだ歯が立ちません。まずは「基礎の見直しと発展」に取り組み、夏休みから入試問題に挑戦します。段階を追って学習のレベルを上げ、子どもに負担が少なく効率性の高い指導によって、入試に通用する学力へと導いていきます。また、後期からは希望者を対象にオプション講座「県立中(適性検査)対策講座」がスタートします。

  • 県立(適性検査)対策が半年しかないのはなぜ?
  • 適性検査イメージ 適性検査とは、広島県立広島中学校や広島市立広島中等教育学校で行われている選抜方法です。教科の学力試験ではなく、資料の分析力や論述による説明力を問う問題が出題されます。教科の学力試験ではありませんが、確実な解答を導き出すためには、一定水準以上の教科学力が必要です。
      そのため当社では、はじめから適性検査に的を絞った対策を行うのではなく、6年生の前期までに「確かな教科の基礎学力」を身につけ、そのべースを元に県立対策を行います。
     そもそも、小学生期に身につけておきたい学力基盤は、志望する学校によって変わるものではありません。当社は、子どもたちの中学進学後を見据えた基礎学力の定着を図れるようテキストを作成し、指導にあたっています。

6年部の指導科目・指導担当者

【指導科目】算数・国語・理科・社会
    
【指導担当者】教科専任(各教科1名、計4名が指導を担当)

6年部の講座概要


【基礎力養成期】 6年生の前期4月まで
講座 時期  
前期講座Ⅰ 2月下旬~4月 ・5年部から引き続いて「基礎学力養成指導」を進め、4月を目途にこの段階の学習を終了する。
・算数、理科、社会ともに小学校の教科書範囲の学習を終了する。
【応用力養成期】 6年生の前期5月から入試本番まで
講座 時期  
前期講座Ⅱ 5月~7月中旬 ・GW明けの5月から応用的学力の育成指導をスタート。
・基礎を発展させた内容の学習を勧めながら、少しずつレベルアップを図る。
・7月に「第1回中学入試模擬試験」を実施。
中学受験夏期講習 7月下旬~8月下旬 ・入試問題のうち、基礎内容からの出題に的を絞って対応力をつけるための指導を実施する。
夏期集中特訓 ・演習型の指導によって、基礎内容から出題された入試問題への対応力を養成する。
後期講座Ⅰ 8月下旬~12月下旬 ・いよいよ本格的な入試問題への対応力の要請指導を開始する。
・演習型の指導を増やし、実戦的な対策を行う。
・確かな基礎学力を背景に、この段階で一気に学力を飛躍させていく。
・9月に「第2回 中学入試模擬試験」を実施。以後、12月まで月1回のペースで模擬試験を実施(合計5回)。
冬期実戦講習 12月下旬~1月初旬 ・一定の時間制限の中で、志望校合格ラインに到達する得点をあげられるよう、入試本番と変わらない実戦的な受験対策を行う。
・「面接の受け方」など、最後の詰めを行う。
・この冬期実戦講習での学習をもって、中学受験対策を完成させる。
後期講座Ⅱ
入試直前演習
1月上旬~2月上旬 ・本番を想定した実戦的演習形態での指導を行う。ただし、 入試に向けての対策は一通り終わっている。
・新しいことには手をつけず、ベストコンディションづくりとその維持にあたる。
・本番で力を出し切れるように、心のコンディションにも気を配る。
  • 塾のテキストに取り組むだけで、本当に入試問題が説けるようになる?
    市販の過去問をやったほうがいいの?
  • 市販の問題集や過去問に取り組む必要はありません。家庭学習研究社のテキスト、副教材等にしっかり取り組めば、入試に必要な学力が備わります。
  • 6年生になったら、入試問題が解けるようになるの?
  • 6年生の5月の連休が明けると、「応用力養成期」に入ります。しかし、基礎の徹底理解に的を絞った「基礎学力養成期」が終了したからといって、入試問題が解ける状態にはなっていません。「応用力養成期」では、段階的に入試に必要な応用力を身につけて行きます。
     前期(夏休みの前)の内は、入試問題を解くことはせず、「基礎の見直しと発展」。夏休みの講習から基礎的な内容を扱った入試問題に取り組みます。このように、基礎を反復し、さらに見直し、足りないところを補いながらの学習によって、じっくりと本物の基礎を養い、それをもとに秋から一気に学力をジャンプアップさせます。小学生の子どもたちが自己を燃焼させ、全力で勉強に打ち込めるのは、肉体的にも精神的にも数か月くらいが限界であるのを見越してのことです。

6年部のオプション講座

 6年部のオプション講座には、前期に行われる「基礎力強化特訓」と後期に行われる「重点強化特訓」「県立(適性検査)対策講座」があります。

【県立(適性検査)対策講座】 県立・市立の適性検査対策!
対象 6年部会員生
受講場所 ・東広島校の通学生は、東広島校
・その他の校舎の通学生は、広島校
指導内容 ・適性検査Ⅰ・Ⅱの対策(問題演習・添削と解説授業・模擬問題演習)
・志望理由書の書き方
通学日 6年部後期期間中(8月下旬~翌1月下旬)の授業のある土曜日と平日に複数回行う。
時間 ・土曜日の場合は、午前中実施。
・その他の曜日は、各日ごとに時間を設定する。
【基礎力強化特訓】 基礎の定着を図り、応用学習に向けた基盤づくり。
対象 週3日コースの6年部会員生
受講場所 週3日コースの申込者が通学している校舎
指導教科 算数・国語・理科・社会の内、一日3科目指導(全10回)
(算数・国語各7回、理科・社会各8回) 
通学日 6年部前期期間中の金曜日(5月~7月)
時間 17:50~21:05
内容 「受験生としての基礎内容」の中で、特に重要な事項や苦手とする児童が多い単元を重点的に取り上げて学習します。
【重点強化特訓】 過去の入試問題で頻出単元を重点的に演習!
対象 週3日コースの6年部会員生
受講場所 週3日コースの申込者が通学している校舎
指導教科 算数・国語・理科・社会の内、一日2科目指導(全10回)
(全教科各5回) 
通学日 6年部後期期間中の金曜日(9月下旬~12月)
時間 17:50~21:00(90分×2コマ)
内容 各自の志望校の入試問題をはじめ、代表的な入試問題への取り組みを通じて、入試への実戦的な対応力を磨いていきます。
  • オプション講座はどうやって申し込むの?
  • 各講座の受付時期になりましたら各講座の案内をお配りいたします。なお、オプション講座のみのお申し込みは受け付けておりません。「県立(適性検査)対策講座」「基礎力強化特訓」「重点強化特訓」のいずれの講座も会員生を対象としたオプション講座です。

6年部の学習教材

6年部のカリキュラム

6年部のスクーリング案内

Page Top